難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か。 松山重治―境界の調停と軍事

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

彦十郎は当初は三人衆が尼崎を宛がうと約束し起請文を出したのに釣られたが、直後に伊丹氏の婿となって松永方となり、世間から失笑された(『細川両家記』)。 伝未詳。 彦十郎は苦悩の末に松永方となったが、久秀は永禄9年(1566)6月に敗れ、行方不明となった。 ただし、長慶は自分の死を予測して世代交代を進めようとしていた。 松山重治は松介として著名であるが、永禄7年(1564)以降は出家している。 重治としては、菖蒲谷城を中核にした包囲網でを干上がらせることを狙っていたのだろう。

次の

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

のへの謀反に与同しつつも、その後長慶に反抗して没落した人に小川式部丞がいるが、新右衛門尉もその族かもしれない。 重治は元々根無し草であったから、権で得た権益や地位を放棄してしまうことも容易であったに違いない。 は彼らの引き渡しを求めて、7月と不破光治を派遣したが、交渉は不発に終わった。 守勝は奈良には出陣せず、三好氏の本城である城の守備を任されていたようである。 重治の軍勢は 石成友通・寺町左衛門大夫とともに2000の軍団を形成した(『言継卿記』)。 がの三男・昌幸を登用する際に武田一門の武藤名字を与え、斎藤義竜が一色に名字を改めた際、家臣団にも一色家臣の名字を付与するなど、 既存の体制を生かしつつ登用を行う方が「常識的」であったからだ。

次の

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

さらに安芸守と彦十郎は重治の具体的な活動が見えなくなる永禄8年(1565)以降から入れ替わるように活動を開始する。 成合又大夫 成合(現)出身か。 忠正は重治の家臣であるので、実質的には重治を軍事力として恃んでいることになるだろう。 : 「松永」名義なため元亀2年ではなかろう : 正直自分でもここらへん何を言ってるのかわからなくなってるので、わかりやすくを例に話そう。 『言継卿記』では「松永彦十郎」という呼称もあり、単なる誤記かもしれないが、事実とすれば松永一族出身であるか、あるいは野間長久の子・左馬進や多羅尾綱知の子・久三郎が松永名字を称しているように、久秀から松永名字を与えられていたのかもしれない。 の書簡によれば、小侍従を処刑した兵士は処刑に疑問を抱いており、重治も将軍弑逆にショックを受けたとも考えられる。

次の

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

中村新兵衛 『形』の主人公としても有名な武士。 実は永禄8年(1565)に死去していたのではないかとも思えるほどである。 以下がその表である。 彦十郎は三人衆に従って、に復帰することを目指していたのである。 守勝は激怒し、8月23日城にいながら方に寝返った(『言継卿記』)。 松山氏は後者の道を選び、、香西越後守、三宅氏、とともに2年(1574)4月に入っている(『永禄以来』)。 こうしたところを見ると、 芸能者としての側面を有していたのかもしれない。

次の

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

単なる誤記であろうか。 そのため身分が低いが有能な人間を取り立てるには、有力内衆である柳本名字を与えることが有効であり、望まれていたと言える。 別所氏は三人衆に従って、奈良まで来ていたが、この軍事動員、あるいは在陣の維持において彦十郎のみがなし得る役割があったのかもしれない。 さらにこの和睦交渉は三好義継の居城・で行われた。 重治は織田政権からは河内南部の国人扱いされたのではないだろうか。 小河新右衛門尉 『』によると、本圀寺の変の際にに従って戦死している。 かくして、松山重治最後の戦いは終わったのである。

次の

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

重治の人間的な魅力で雑多かつ有能な武士たちを束ねていたことが想像できる(立場が与力であっても、実質的に直臣となる者もいたのかもしれない)。 松山守勝は官途名「与兵衛尉」を称し、永禄9年(1566)頃より受領名「安芸守」を称したようだ。 信長はを用いることが戦禍を拡大すると感じて、を攻めから外したのではないか。 伝未詳。 ここから、重治も攻めに従軍していたことがわかる。 一方で、滝山衆の松山広勝は松永孫一らとして、に味方することを明確化していた。

次の