療養 就労 両立 支援 指導 料。 令和2年度診療報酬改定に伴う疑義解釈(その1)

令和2年度診療報酬改定に伴う疑義解釈(その1)

療養 就労 両立 支援 指導 料

BRCA1/2遺伝子検査(P28)• )をいう。 がん患者指導管理料(P19)• 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (区域切除で内視鏡支援機器を用いる場合)• これまで私が所属している病院では関与する部分がなかった領域なのですが、今回の改定で関わる部分が少し出てきそうだなーと感じている部分です。 回復期リハビリテーション病棟入院料(P15)• 連携充実加算• <名称> 療養・就労両立支援指導料 <点数> 1000点(10,000円) (相談支援体制が整備されている保険医療機関の場合、500点(5,000円)が上乗せされる。 精神科急性期医師配置加算3• もし違ったらご指導いただきたいです。 対診・他医療機関受診の取扱いについて(P67)• 184• 【B001-9 療養・就労両立支援指導料】 1 初回 800点 2 2回目以降 400点 注1 1については、別に厚生労働大臣が定める疾患に罹患している患者に対して、当該患者と当該患者を使用する事業者が共同して作成した勤務情報を記載した文書の内容を踏まえ、就労の状況を考慮して療養上の指導を行うとともに、当該患者の同意を得て、当該患者が勤務する事業場において選任されている産業医、総括安全衛生管理者、衛生管理者若しくは安全衛生推進者又は労働者の健康管理等を行う保健師(以下「産業医等」という。

次の

令和2年度診療報酬改定に伴う疑義解釈(その1)

療養 就労 両立 支援 指導 料

同種死体膵島移植術(P41)• なお、当該職員は区分番号「A234-3」に規定する職員と兼任であっても差し支えない。 外来栄養食事指導料(P18)• 入院基本料に係る掲示(P44)• 6月に1回に限り1000点算定可能だったのが、月1回に限り初回と、2回目に関しては3月を限度としてですが2回目以降とで、複数回算定ができるようになります。 顎関節人口関節全置換術(P39)• 精神科急性期医師配置加算1• 不整脈手術 左心耳閉鎖術 (経カテーテル的手術によるもの)• 診断群分類区分の適用の考え方について ・「医療資源を最も投入した傷病名」について(P49) ・「手術」について(P50) ・「手術・処置等1・2」について(P52) ・「その他(定義副傷病名等)について」(P54)• 106• 障害児(者)リハビリテーション料(P34)• 退院時処方の取扱いについて(P66)• そんなこんなで今回は対象疾患に「脳血管疾患」「肝疾患」「指定難病」が追加となりました。 必要な人に必要なリハビリが提供できるようになって欲しい。 新たに施設基準が創設• 胎児輸血術• 接触機能療法の注3に掲げる摂食嚥下支援加算 (令和2年3月31日において、現に「診療報酬の算定方法の一部を改正する件」による改正前(令和2年度改定前)の区分番号「H004」接触機能療法の注3に掲げる経口摂取回復促進加算1または2に係る届出を行っている保険医療機関。 特定一般病棟入院料の注7 (入退院支援及び地域連携業務を担う部門に係る規定を除く。 血流予備量比コンピュータ断層撮影• 持続血糖測定器加算(P27)• 今回は、脳血管疾患、肝疾患、難病への対象拡大のほか、産業医が選定されていない事業所における算定要件の見直しなどの検討を求めている。

次の

令和2年度診療報酬改定に伴う疑義解釈(その1)

療養 就労 両立 支援 指導 料

同指導料は、主治医が産業医から助言を得て、患者の就労状況を踏まえて治療計画の見直し等の医学管理を行った場合に算定できる。 両立支援コーディネーター養成研修とは 「両立支援コーディネーター養成研修」は、厚生労働省の所管法人として2002年に設立された「労働者健康安全機構」が毎年行っているものです。 200. 研修スケジュールについては、同機構のWEBサイトでご確認ください。 ・産業医は、主治医(保険医)に対して治療と仕事の両立に関して必要な配慮等について文書で助言する。 特殊カテーテル加算(P27)• 【難病】• 精神科急性期治療病棟入院料• 在宅患者訪問看護・指導料、同一建物居住者訪問看護・指導料、精神科訪問看護・指導料(P24)• 婦人科特定疾患治療管理料• 厚生労働省は、平成 30 年 3 月 5 日に診療報酬として「療養・就労両立支援指導料」を新設した。

次の

【2020診療報酬改定】早わかり1分解説 その⑬<療養・就労両立支援指導料>

療養 就労 両立 支援 指導 料

医療機関別計数について(P56)• また、点数設計が次のように見直されています。 6 治療を担当する医師と産業医が同一の者である場合及び治療を担当する医師が患者の勤務する事業場と同一資本の施設で勤務している場合においては、当該指導料は算定できない。 167• 第2 具体的な内容 1.療養・就労両立支援指導料について、企業から提供された勤務情報に基づき、患者に療養上必要な指導を実施するとともに、企業に対して診療情報を提供した場合について評価する。 厚労省保険局医療課は10月25日の中医協総会に、「療養・就労両立支援指導料」の算定要件や対象疾患の見直しについての論点を提示した。 経皮的下肢動脈形成術(P41)• 192• 5 「1」については、事業場の産業医等への就労と療養の両立に必要な情報を記載した文書の作成に係る評価を含むことから、当該指導料を算定する場合、当該文書の発行に係る費用を、療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として別途徴収できない。 同種クリオプレシピテート作製術 施設基準の改正により、令和2年3月31日において、現に当該点数を算定していた保険医療機関であっても、令和2年4月以降において当該点数を算定するに当たり届出の必要なもの• 腹腔鏡下仙骨膣固定術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 令和2年度改定に係る経過措置について(P71)• 2.産業医がいない事業場の就業者も対象に そして、対象者の勤務先の条件が緩みました。

次の

治療と仕事の両立支援に関する診療報酬の新設「療養・就労両立支援指導料」 |新着情報|独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛産業保健総合支援センター

療養 就労 両立 支援 指導 料

外来排尿自立指導料• 令和2年4月以降も算定する場合• 見直し後の大きな流れは、次のようなります。 189• 精神科急性期医師配置加算2のイ及びロ (令和2年3月31日において、現に旧算定方法別表第一区分番号A249に掲げる精神科急性期医師配置加算に係る届出を行っている保険医療機関。 再診料(電話等による再診)(P2)• 107• 198• 128• 経皮的下肢動脈形成術• 腹腔鏡下腎盂形成手術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 経尿道的尿管ステント留置術、経尿道的尿管ステント抜去術(P41)• 白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給(P45) 医科診療報酬点数表関係(DPC)• 全視野精密網膜電図• なお、がん患者への「治療と仕事の両立支援」についてはこちらの記事でも詳しく書いていますので、読んでみてください。 せん妄ハイリスク患者ケア加算(P11)• 199• 給付調整(P44)• に対し、保健医療機関の医師が就労の状況を考慮して療養上の指導を行うとともに、当該患者の同意のもと、産業医に対し、症状、治療計画、就労上の措置に関する意見等の当該患者の治療と仕事の両立に必要な情報を文書により提供することとなる。 同一疾患なので、その都度その都度疾患名を切り替えるわけにもいかず、13単位で対応することがほとんどです。 見直し内容• 静脈圧迫処置(P37)• 参考資料• 140• 3 別に厚生労働大臣が定めるに適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該患者に対して、看護師又は社会福祉士が相談支援を行った場合に、相談支援加算として、 50点を所定点数に加算する。

次の

B006-3-4 療養・就労両立支援指導料

療養 就労 両立 支援 指導 料

排尿自立支援加算• この事業では、両立支援コーディネーターを院内における治療就労両立支援チームの中心的役割を担う存在と位置づけ、患者・医療機関・患者の勤務先の関係者という、それぞれ立場の異なる3者間の連携、調整役を託しています。 141• 不整脈手術(P40)• 入院時食事療養費(P44)• 診療報酬の算定について(P55)• 今回の改定で新たに気になっていたことがあります。 黄斑局所網膜電図• ・産業医は、主治医 保険医 に対して治療と仕事の両立に関して必要な配慮等について文書で助言する。 夜間看護体制加算(P5)• 124• 腹腔鏡下十二指腸局所切除術(内視鏡処置を併施するもの)• 151• ) 令和3年4月1日以降に引き続き算定する場合に限るもの 基本診療料• 救急医療管理加算• 150• 142• 夜間看護体制加算、看護職員夜間配置加算(P4)• 4.相談体制充実加算については、廃止とする。 168• 胸腔鏡下拡大胸腺摘出術 (内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• ただ一方で、日本の労働人口の3人に1人が何らかの疾患を抱えながら働いていることも指摘され、人口減少社会における課題の一つにもあげられている。 なお、「療養・就労両立支援指導料」の算定回数は月10回(社会医療診療行為別統計・2018年6月審査分)だった。 【がん患者料について】 私は現在、回復期病院の外来と通所リハビリにて従事させていただいているのですが、以前は回復期病棟、と過去複数の病期で臨床経験を積ませていただきました。

次の

療養・就労両立支援指導料の施設基準等|e

療養 就労 両立 支援 指導 料

埋込型除細動器移植術(心筋リードを用いるもの)及び埋込型除細動器交換術(心筋リードを用いるもの)• 109• 同種死体膵島移植術• 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 (肺葉切除または1肺葉を超えるもので内視鏡手術用支援機器を用いる場合)• 193• 関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 101• 4 の規定に基づく産業医等への文書の提供に係る区分番号又は区分番号の費用は、所定点数に含まれるものとする。 今日は、その辺の話を詳しく紹介してみたいと思います。 在宅経肛門的自己洗腸用材料加算(P28)• 内分泌学的検査(P29)• ただ、新設時の対象疾患が「がん」のみで、対象患者の勤務先のが介入することでようやく算定できるものであるため、の協力が得られなかったり、そもそもがいないと算定できないといった要因があり、算定回数があまり伸びなかったため、という背景があるようです。 持続血糖測定器加算 (間歇注入シリンジポンプと連動しない持続血糖測定器を用いる場合)• 遠隔放射線治療計画加算、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療加算、体外照射呼吸性移動対策加算、定位放射線治療、定位放射線治療呼吸性移動対策加算、粒子線治療、粒子線治療医学管理加算、画像誘導密封小線源治療加算(P43)• 105•。 なお、当該患者が勤務する事業場において産業医が選任されている場合は、当該産業医に対して当該患者の就労と療養の両立に必要な情報の提供を行うこと。

次の