西野 革命 の ファンファーレ。 西野亮廣「革命のファンファーレ」感想 親も先生も教えてくれないお金の話

革命のファンファーレの感想・書評レビュー!西野亮廣は天才マーケッターなのかもしれない

西野 革命 の ファンファーレ

詳しくは、本書を手に取ってご覧いただきたいですが、そこには絵本ならではの理由がありました。 西野さんが書いているように、 「この努力は本当に正しいのか?」を 冷静に考えることが必要です。 今日は、どう切り取ったって僕の本の宣伝のような内容になってしまいますが、 僕は「不安を煽って 不安を作って 、自分の商品を売る」という広告を好みません。 これは、『嘘をつかないため』です。 本日の読書【革命のファンファーレ】 「嘘」をつかなくて済む環境を作る。

次の

【書評】キングコング西野亮廣/革命のファンファーレを読んだ感想

西野 革命 の ファンファーレ

この考えが僕のベースにあります。 「革命のファンファーレ」との出会い 知ったかぶったように西野さんを語っていますが、僕はこの本に出会うまで西野さんを知りませんでした。 クラウドファンディングで1億円を調達• 「無料公開をしたいと言ったら絶対止められる、謝るのなら怒られてから誤ればいい。 Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash 従来の枠組みや構造を疑うという作業から始めると、自分だけの道が見えてくる。 そうなっちゃうと思う。

次の

【西野亮廣】何かを変えたい人にオススメ【革命のファンファーレ】現代のお金と広告|frcicablogフラシカ

西野 革命 の ファンファーレ

昔からあるお金について書かれている本とは明らかに違います。 それにより、今までの仕事がどんどんなくなってきたんですね。 この本のキーポイントは、「 どう人から信用を得るか、 信用が重要」「 売れない絵本業界で、大ヒットを生み出す 販売・マーケティング広告戦略」この2点かなと思いました。 つまり、現代のお金の生み方と価値を今日本で最も知る人、と言っても過言ではないだろう。 今のビジネスを成功させるために、信用を得るために、何をすべきか 自分に置き換えて読むと面白いです。 逆に、実力が低ければ、その実力不足が露呈し、人気(信用)が低くなっていってしまうのです。

次の

「革命のファンファーレ」感想。凡人が西野亮廣から学ぶことは多い

西野 革命 の ファンファーレ

また、無断転載を認めており、他のサイトに拡散しても構わないとのことです。 絵本『 えんとつ町のプペル』を広めるのには、クラウドファンディングが使われました。 個展に感動したお客さんが絵本を購入するという流れになったそう。 私も仕事を取るため、スポンサーを立てるために数々の嘘をついてきました。 『えんとつ町のプペル』をつくるときに考えた方法。 僕はもともとビジネスの知識があったわけでもなければ、 人前で話したり、文章を書くことなんて全然できませんでした。

次の

【書評】キングコング西野亮廣/革命のファンファーレを読んだ感想

西野 革命 の ファンファーレ

何が言いたいかといいますと、 「好きなことを仕事化するしか道が残されていない」 時代に突入することは、 自明の理だなと強く思ったということです。 「認知」ではなく「人気」の勝ち取り方について語っているページ。 終身雇用が当たり前だった時代があった。 「革命のファンファーレ」が世に広まってほしいって願う。 僕は去年、『えんとつ町のプペル』という絵本を発表したんだけれど、この作品の制作に費やした時間は4年半だ。 これからは「貯金」ではなく、信用を貯める「貯信」の時代です。

次の

キンコン西野著書「革命のファンファーレ」を読んで得たこと3つ

西野 革命 の ファンファーレ

だったらちゃんと自分の好きなことをやっていかないと生きていけない。 革命のファンファーレを読んで、ただ『いや〜、やっぱ西野スゲーな!!面白い!!』で済ますなら、それは読んだうちに入りません。 ただし、西野さんは、それは これからの時代を生き抜く術だと強調しています。 僕「くま」が徐々に慣れて、月収50万を稼いだ過程を下記の記事では公開してます。 それにより、 ツールがなんでもしてくれるようになってきたので、 人々の価値観が変わってきているのです。

次の

「革命のファンファーレ」感想。凡人が西野亮廣から学ぶことは多い

西野 革命 の ファンファーレ

マネタイズのタイミングを後ろにズラして、支援者を作れ。 本を作って本屋に丸投げというのは、育児放棄と言っても良い位、愚行である。 この本は、『無料公開』をして大ヒットした作品です。 感情は環境に支配される 西野亮廣は、固定ファンを獲得するためにまず「嘘をつくこと」を辞めました。 僕はブログでお金を稼いでいるので、西野亮廣の哲学はいくつか応用できる部分もあったが、 「何かを売る」という事に興味の無い人間が本書を読んでもあまり意味を成さないように思う。

次の

「革命のファンファーレ」から学ぶビジネス論。読んだ後にわたしが実践したこと。

西野 革命 の ファンファーレ

飲食業でもただ飯を作っているだけでは、売れなくなってきているんですね。 西野さんは アンチと呼ばれる方が多いです。 その説明をするには、お金の歴史を辿らなければなりません。 人は「確認作業」でしか動かない、と西野さんは言います。 」それを実践出来ている人ってすごい。

次の