お前 の おかげ で お前 に 会える。 お前のおかげで

お前のおかげで私は良い人間になれた: Bow Wow Bookshelf

お前 の おかげ で お前 に 会える

また会うその時まで、カイ、 お前を愛し続け、お前がいないのをとても寂しく思う。 良寛作と間違って伝えられた時期もあった。 『我執のつぶやき』 親ほどうっとうしい者はいない 兄弟ほどめんどうな者はいない 子供ほどやっかいな者はいない 夫ほど平凡で薄情な者はいない 姑ほど邪魔なものはいない だから離れ 軽蔑し 嫌い 反発した 先生と宗教家ほど 偽善的なものはいない だから信じることがなかった 大嫌いな者は自分自身 愛そうとして愛しきれず 信じようとして信じきれず ただ一人 孤独の淵を のたうち回る こんな人間は生きている価値がないと思った それは真っ暗い地獄をはいずり回っている気持ち どうにでもなれ なるようになれ 斜に構えたやけくそ人生 死ぬに死なれず 生きるに生きられず 『おかげさま』 かみどころじゅうすけ作 夏が来たら 冬がええといい 冬になりゃ 夏がええと言う 借りた傘も 雨が上がれば邪魔 金を持ったら 古びた女房も邪魔 所帯持ったら 親さえも邪魔 誰も彼も どこもかしこも かさかさ 乾ききった 味気ない この頃 衣食住は昔に比べりゃ 天国やが 上を見ては不平不満 隣を眺めては愚痴ばっかり 何で自分を 見つめないのか 静かに考えてみるがええ 一体自分って 何やろう 親のおかげ 先生のおかげ 世間様のおかげ おかげの塊が 自分やないか いくら長う生きても 幸せのど真ん中にいても おかげさまが見えなけりゃ 一生不幸. ゆっくり休み、聖なる橋で私を待っていてくれ。 。 誇りに思う。 お前のおかげで私はより良い人間になれた、 より良い調教師に、より良い警察官になれた。 お前のこともお前が成し遂げたことも決して忘れない。

次の

感動した詩「丁度よい」「我執のつぶやき」「おかげさま」

お前 の おかげ で お前 に 会える

私も彼女を目標にしたいと思う。 感動した詩「丁度よい」「我執のつぶやき」「おかげさま」 更新日: 2010年10月28日 石川県の大谷派常讃寺坊守藤場美津路さんが、30年ほど前に『丁度よい』という詩を作った。 すべてに目を通させていただいた。 神のご加護がありますよう ジェイミー・レブレトン 写真はMAIL ONLINEより _____________________________________ hadami メールご注文受付はじめました。 _____________________________________ 『お前のおかげで私は良い人間になれた』 〜安楽死の処置に送られる警察犬を敬礼で見送るマサチューセッツ州の警官達〜 プリマス市マサチューセッツ警察で犯罪と戦ってきた 2歳半のジャーマン・シェパード、カイザーは、突然腎臓の病に倒れ、 助かる望みはなく、短い闘病期間の後、眠りにつかせることになった。 おまえより素晴らしいパートナー、友達を望むべくもない。 最後に励ましの手紙を下さった方々に心より感謝の気持ちを述べたい。

次の

お前のおかげで私は良い人間になれた: Bow Wow Bookshelf

お前 の おかげ で お前 に 会える

多くの見知らぬ方々からの優しいお気持ちに感謝の気持ちで一杯である。 カイザーは立派に地域のために尽くした。 友よ、必ずそこに行くから。 (以下の詩は中外日報10/28)を参照にした。 安らかに眠ってくれ、マイボーイ。 ハンカチかティシューの用意をお忘れなく。

次の

お前のおかげで

お前 の おかげ で お前 に 会える

彼がパトロールしている時のプリマス市ほど安全な場所はなかっただろう。 彼女は寺報『法友』を30年以上毎月400部出して全国に配布している。 私がいつか行くまで。 それから警察犬部門の同僚たち、 カイザーを失った困難な時に一緒にいてくれて感謝している。 All Rights Reserved. カイザーは部隊の重要なメンバーであり、 なにより警察犬であることに喜びを見出していた。 これも紹介しよう。

次の

感動した詩「丁度よい」「我執のつぶやき」「おかげさま」

お前 の おかげ で お前 に 会える

愛読しているノーマン・テイラー邦子さんのから転載。 フェイスブックにてカイザーの調教師であり、 警察犬部隊のリーダーである ジェイミー・レブレトンによりカイザーに弔辞が述べられた。 嵐は激しかったが、あなた方から強さをもらった。 商品リーフレットもお送りしております。 そして素晴らしいパートナーであり、友人でもあるほかの犬たち、 お前たちは立派にカイザーを見送ってくれた。 『丁度よい』 藤場美津路作 お前はお前で丁度よい 顔も体も名前も姓も お前にそれは丁度よい 貧も富も親も子も 息子の嫁もその孫も それはお前に丁度よい 幸も不幸も喜びも 悲しみさえも 丁度よい 歩いたお前の人生は 悪くもなければ良くもない お前にとって丁度よい 地獄へ行こうと極楽へ行こうと 行ったところが丁度よい うぬぼれる要もなく卑下する要もない 上もなければ下もない 死ぬ月日さえも 丁度よい 仏様と二人連れの人生 丁度よくないはずがない 丁度よいと聞こえた時 憶念の信が生まれます 南無阿弥陀仏 藤場さんはこの詩を作る前に、『我執のつぶやき』という詩を出している。

次の

感動した詩「丁度よい」「我執のつぶやき」「おかげさま」

お前 の おかげ で お前 に 会える

。 。 。 。 。 。

次の