Bmw 8 グラン クーペ。 【公式】BMW 2シリーズ グラン クーペ ❘ スペシャル

【国内試乗】「8シリーズ・グランクーペ」俄然活況を呈する高級4ドアクーペ市場に満を持して参入!

bmw 8 グラン クーペ

・収納力も大きな荷物に対応できる分割可倒式リヤ・シートを標準装備している。 8km/L. さらに精緻な装飾エレメントがエクスクルーシブな空間をさらに引き立て、全体をスタイリッシュにまとめています。 大型クーペモデルのマーケットが成長するなか、6シリーズ・グランクーペの後継として、アウディA7/メルセデス・ベンツCLS/ポルシェ・パナメーラとしのぎを削ることになる。 9秒 車両本体価格:665万円 【問い合わせ】 BMW カスタマー・インタラクション・センター TEL 0120-269-437 【関連リンク】 ・BMWジャパン公式サイト. リヤシートはレッグスペース、ショルダースペース、ヘッドスペースともに大幅に拡大している。 近いうちに公式発表がアナウンスされる可能性が高いようなのでそちらの動向に期待しましょう。 試乗車はフローズン・ブルー・ストーンというボディカラーだったが、こういうマットな色も映える。 ボディ構造、パワートレイン、シャシーは、最大限の性能を発揮するように設計。

次の

BMW 新型 8シリーズ グランクーペ 2019年6月発表

bmw 8 グラン クーペ

後ろ姿も美しいが、そのエキゾーストノートもまた魅力的。 コンセプトは「GAME CHANGER ジョウシキなんて、ひっくり返せ」。 小ぶりながらリアスポイラーがついている。 パックマンの特製刺繍を施したBMW LIFESTYLE COLLECTIONのポロシャツやキャップなど、ここでしか手に入れることのできない、とっておきのレア・アイテムをぜひ手に入れてください。 M8グランクーペのスパイショット M8グランクーペのテストカー。 どちらかというと、操縦を楽しむ一回り小さなBMWに適したシャシーに思えた。

次の

【公式】BMW 8 シリーズ グラン クーペ ❘ モデル紹介

bmw 8 グラン クーペ

クーペならではの美しいルーフライン。 クーペとコンバーチブルにならぶ4ドアクーペモデルだ。 0万円 1723. 今回試すことができたのは、BMW自身が「直列6気筒エンジンをフロントに積み、クラシカルな後輪駆動を採用した、オーセンティックなドライビングプレジャーを味わえるモデル」と謳う、この840iグランクーペ。 さらにピアノ・フィニッシュ・ブラックのBMW Individualインテリア・トリムや、BMW Individualアルカンタラのルーフ・ライニングとのコンビネーションが、ラグジュアリーかつスポーティなインテリアをよりいっそう引き立てます。 2019年9月に発売開始予定です。 BMW4ドアクーペの最上級モデル BMWクーペモデルの最上級にあたる、8シリーズをベースに、より伸びやかなスタイリングと快適な室内空間が実現された4ドアクーペ。

次の

BMWの「グランクーペ」とは?セダンの違いとおすすめはどっち?

bmw 8 グラン クーペ

例えば2基のツインスクロール・ターボチャージャーは排気ガスを効率よくエネルギーに変換し、強力なパワーと桁外れのパフォーマンスを実現。 ダブルバブルルーフになっているのは、後席のヘッドクリアランスを確保するためだろうか。 昨年は6シリーズが8シリーズに移行したのに合わせてグランクーペも8シリーズベースに刷新されており、現在は8シリーズと4シリーズ、2バリエーションが展開されている。 グランクーペの価格は3車種の中では一番高額ですが、包括的に他の2車種の性能や特徴を兼ね備えていると考えると納得できる価格といえるかもしれません。 0リットル6気筒ターボエンジン• リアシートの足元は十分な広さ。 オプションでアクティブ・ロール・スタビライゼーションも装着可能です。

次の

【公式】BMW M8 グラン クーペ ❘ モデル紹介

bmw 8 グラン クーペ

さらにM xDrive搭載のBMW M8 グラン クーペ Competitionは、シリーズ最上位のモデルとしてそのスタイルと性能を極限まで研ぎ澄ませ、ハイパフォーマンス・ラグジュアリーを最も純粋な形で具現化しています。 インテリジェント4輪駆動システムM xDriveは、高性能エンジンから発生したトルクをフロントとリアに無段階かつ可変的に振り分け、さらにアクティブMディファレンシャルの搭載により、左右リアホイール間のトルクを最適化する。 ホイール径は意外と小さい。 と、その後席に座っていても驚かされるのは快適性の高さだ。 デザイン面にも特別なセットアップが施され、アグレッシブな外観を演出するのも大きなポイントだ。 M ロゴがあしらわれた上質なマット・ゴールド仕上げのブレーキ・キャリパーによって、ひときわ精彩を放ちます。 日本でも大きな話題となった。

次の

BMWの「グランクーペ」とは?セダンの違いとおすすめはどっち?

bmw 8 グラン クーペ

座面とシート・バックに採用されたハニカム・デザインも、こだわりを感じさせる魅惑的なディテールです。 通常の8シリーズグランクーペよりも、明らかに車高が低い。 そのちょっと前にはM4 GTSにも「ゴールド」を採用していたので、BMWはメルセデスAMGやアウディRSモデルとの差別化要素としてゴールドを用いる意向なのかもしれませんね。 メーターはBMWライブコクピットPro。 インテリアでは、メリノ・レザーを採用したMスポーツ・シートやMスポーツ・レザー・ステアリング・ホイールなどがエクスクルーシブかつスポーティな雰囲気で満たし、インテリア・トリムとアルカンタラ・ルーフ・ライニングの贅沢なコンポーネントが、ラグジュアリーで洗練された室内を演出しています。 スポーツ・シートには最上のクオリティを誇るメリノ・レザーを贅沢に使い、丹念な手仕事によるコントラスト・ステッチがあしらわれています。

次の