ダイハツ ストーリア。 【公式】ジブン、オープン。青空SUV「TAFT」登場|ダイハツ

ストーリア(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ダイハツ ストーリア

しかし販売力の差もさることながら、市原悦子と真野きりなが『待つわ』 あみんのカバー曲 をデュエットしながらコミカルなドラマを繰り広げるCMにすっかり食われてしまい、ストーリアの知名度は一気に急降下という憂き目に。 3 ツーリング 4WD• 後者は、前後エアロバンパー、ハロゲンフォグランプなどを装着する。 3 m 4. グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-M100S 989cc 5 5MT FF 5名 21. 山道でサイドモールがないストーリアを見かけたら、追いかけるのを止めましょう。 3Lの可変バルブタイミング(DVVT)機構付きエンジンを用意。 オートライト• ATモデルには、左右スポークそれぞれにシフト「アップ」「ダウン」用のボタンを装備した「ステアシフト」機能が付く。 パワーシート• ストーリアX4の前期モデルも長きにわたり全日本ラリーで活躍。 サンルーフ• 3m 4. テスト車は、最もホットな「ツーリング」。

次の

【マーチR、ブーンX4、アルトワークス…】闘うために生まれた小さなクルマ5選

ダイハツ ストーリア

ハーフレザーシート• 茨城 0• チップアップシート• の公認車両ではないためWRCには出走不可で、などに出走しているのはFIA公認車両の1,300ccFFモデルである。 ストーリアX4のように割り切った車の実現はなかなか難しいかもしれませんが、全国のダイハツファンは今後、「ストーリアデビュー時の夢よもう1度」と言えるような展開に期待しているのです。 ワンメイクレースは人気で参戦台数はかなりの数だった アルトワークスは5代目モデルのマイナーチェンジで残念ながら一度姿を消すのだが、アルトワークスの役割は1998年の軽自動車の規格改正の時に登場したKeiのスポーツモデルとなるKeiスポーツが引き継いだ。 3m 4. 乗り心地に不満なく、しかし「うーん、スポーティ!」と感心するほどでもない。 10年規制により2015年以降全日本戦での出場は不可となったが(但し、選手権のかからないオープンクラスでは出場可能)地方戦では主力マシンとして活躍中。 2程度で120psという驚異的出力を発揮。 新潟 0• HID(キセノンライト)• オットマン• M101S - 1,300cc FF車• ダウンヒルアシストコントロール• 6Lクラスに出られるようにするための配慮。

次の

ストーリア(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ダイハツ ストーリア

後継のブーンX4が登場してからも熟成が進んだストーリアX4の戦闘力は高く、ラリーやダートトライアルでは戦えるステージがある限り活躍し続けました。 0kgm デビュー時の価格:118万5000円 1992年6月にダイハツミラX4Rに対抗するためにアルトワークスRをデビューさせた。 3m 4. 3リッター高回転型自然吸気スポーツエンジンK3-VE2搭載モデルが加わった中期型が、オーナーズクラブなどで『宇宙人顔』と呼ばれる元ネタとなっています。 乗り心地は悪くないが、「スポーティ」を謳うにはダンピングがもう一歩足りない。 長崎 0• 2001年12月にマイナーチェンジを受け、大きなグリルがフロントの高い位置に装備されるようになり、顔つきがまったく変わった。 盗難防止装置• キュートでファニーなスタイルのストーリア。

次の

ストーリア(ダイハツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ダイハツ ストーリア

3m 4. 富山 0• 3m 4. 長崎 0• なお、後期型では従来ハイオク仕様110馬力のK3-VE2のみ設定されていた1. また、グレードについては、標準仕様の「CL」、質感の高いインテリアを備えた「CLリミテッド」、プロテインレザーなどエレガントな装備を持つ「CX」、スポーティな「ツーリング」が展開されています。 宮城 0• トヨタ向けにデュエットとして販売したためか、当時のダイハツ車としては珍しくオーディオとは別にメーター内デジタルクロックが一部標準装備された。 15%クイックなステアリングギアも「ツーリング」の特徴のひとつだが、肝心の接地感や、路面からの情報伝達がいまひとつ。 2万円 税抜 120. 全国以外の都道府県から探す :• 3 m 4. allcarindex. 平成10年排ガス規制車の天井知らずとも言えるブーストはエンジン・補機類などの耐久性やの補正能力を考慮したものではないため、通常は1. とを化した。 当時のカローラと似たフロントグリルを装着され、それに合わせてヘッドライトなども更新されたのです。

次の

ダイハツ・ストーリアX4

ダイハツ ストーリア

徳島 0• 静岡 0• 3Lがプロテインレザーやウッド調パーツとするエレガントなCXと様々なスポーツ装備が充実するツーリングの計4タイプ。 過給機設定モデル• 7万円 税抜 106. トヨタにOEM供給し、デュエットの名前でも販売されているが、あくまでも本家はこちら。 。 電動リアゲート• ショルダーラインも低めだから、適度な開放感あり。 電動格納ミラー• 2000年5月には1. 1Lは64馬力の直3DOHCエンジン、1. 3列シート• またレギュラーガソリン仕様のK3-VE型エンジン搭載車も発売。

次の

ダイハツ・ストーリア

ダイハツ ストーリア

助手席エアバッグ• また、TVCMでは『ストーリア星人』なるストーリアをモチーフとした頭部を持つ宇宙人が登場。 宮城 0• エンジンは1,000cc(60ps)のみを搭載した。 1998年4月 「X4」が追加。 6kgm)、そのハイチューン版(110ps、12. ストーリアX4が713ccだったのに対しブーンX4は936ccに排気量アップ。 エアサスペンション• 滋賀 0• 3L直4DOHCエンジンを搭載。 市原悦子さんの「デュエットっ」の掛け声で おばちゃんカー としての地位を確固たるものとしましたが、本当はホモロゲーションモデルや上級グレードはとんでもない潜在能力を秘めているホットハッチ。

次の

ダイハツ ストーリア 710 X4 4WD 2000年 17.9万キロ (福岡県) (株)HKS九州サービス

ダイハツ ストーリア

丸みを帯びた5ドアハッチバックのボディに、排気量1Lと1. ミュージックサーバー• 2 120馬力、リッターあたり168. 岡山 0• 家族にも評判が良かったです。 リフトアップ• 山梨 0• スマートキー• ABS• 日本国外では「」のモデル名で販売。 マーチRのストリートバージョンがマーチスーパーターボ。 0 CL• 3kgmのスペックを誇った。 flickr. 横滑り防止装置• 軽量+4WDのトラクションのよさを生かし、特にグラベルでの戦闘力は高かった マイチェン後のストーリアX4。 デュエット同様に販売台数の大半 X4は除く が1000ccモデルであったため、1300ccモデルの中古車は非常に少ない。

次の

ストーリア(ダイハツ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダイハツ ストーリア

なお、「CL Classic(クラシック)」と「CZ Classic(クラシック)」はそれぞれCLとCZをベースにする特別仕様車。 中央部に小物入れあり。 なりふり構わぬ713ccメーカーチューンド、JC-DET! Photo by 713R 前述の通り、足回りやパワートレーンを新規格軽自動車と相互に流用可能な柔軟性を持っていたのがストーリアです。 キーレス• 車体サイズや排気量など、事実上の後継にあたる。 コンパクトなボディサイズなので、小回りが利いて運転しやすいです。 鹿児島 0• 電動シート• HID キセノンライト• M111S - 1,300cc 4WD車• また、中古車市場でも現在流通しているのはX4か高性能1. 新潟 0• フロントカメラ• DVD再生 AV機器• また、モータースポーツベース車両と呼ばれる700ccの直4DOHCターボを搭載するモデルが、受注生産されている。

次の